林野庁の職員と建設会社の役員が贈収賄の疑いで9日、静岡県警に逮捕されました。
画像: 林道改良工事巡り数百万円の賄賂授受か 林野庁職員と建設会社役員を逮捕 静岡県警

富士宮警察署

 収賄の疑いで逮捕されたのは、林野庁職員の49歳の男、贈賄の疑いが建設会社の74歳の代表取締役です。  警察によりますと、林野庁職員は関東森林局に勤務していた2018年12月、林野庁が発注した林道改良工事に関し、工事請負代金の増額を示唆した見返りに代表取締役から数百万円を受け取った疑いがもたれています。

This article is a sponsored article by
''.