林道工事をめぐり建設会社から現金を受け取ったなどとして、林野庁職員の男ら2人が静岡県警に逮捕された事件で、工事代金が約300万円増額されていたことが新たに分かりました。

林野庁天竜森林管理署の49歳の男は、2018年12月、当時勤務していた神奈川県平塚市の森林管理署が発注した神奈川県内の林道工事をめぐり、静岡県富士宮市の建設会社社長(74)に工事の請負代金の増額を示唆した見返りに、現金数百万円を受け取った疑いが持たれています。

画像: 静岡県警富士宮署

静岡県警富士宮署

捜査関係者によりますと、工事の落札価格は当初3990万円でしたが、その後、契約が変更され、約300万円代金が上乗せされました。

林野庁天竜森林管理署の男は請負代金の契約変更や入札の管理などを担当していて、山梨森林管理事務所に勤務していた際に工事の発注などを通して建設会社社長と親密になったということです。

This article is a sponsored article by
''.