静岡県内の11日の新型コロ感染者数は53人でした。月曜日としては過去最多です。
 県は、新たに38人が感染したと発表しました。最も多いのは焼津市の9人ですが、沼津市で8人、三島市と富士市で4人など東部で感染者の多い状況が続いています。
 また、富士市立中央病院のクラスターでは、新たに2人の感染が確認され、あわせて147人となりました。
 県内では、新たな感染者数が10日までの1週間で572人、11日までには591人に上り、人口10万人あたりで初めて15人を超えました。これは、国の分科会が示す指標で上から2番目に高い「ステージ3」の目安となる多さです。県は「ステージ3」への引き上げについて、あす12日、専門家に意見を聞いた上で近く判断する方針です。
画像: 【新型コロナ】静岡県53人感染 1週間で591人…ステージ3に引き上げを検討へ youtu.be

【新型コロナ】静岡県53人感染 1週間で591人…ステージ3に引き上げを検討へ

youtu.be

静岡県疾病対策課 後藤幹生課長:「あす県の感染症対策専門家会議にこれをふまえ、改めてステージ3へ上げることをお諮りすることを考えている」

40人台が続いた静岡市は12人 でも…担当者「検査数が少ないから」

 静岡市では新たに12人が新型コロナに感染しました。過去最多となった きのうの48人を大幅に下回りました。また入院中だった2人が死亡しました。死亡したのはいずれも高齢の男女1人ずつです。静岡市では9日と10日、新たな感染者が2日連続で40人台まで急増していました。11日の大幅な減少については、日曜日の検査数が少ないことなどが原因で、今後も注意が必要だと見ています。

静岡市 和田明久保健福祉長寿局長:「きょうについては、やはり検査数が少ないということで、まずは一時的に減ったと見ている。あす以降も少なくとも年始から2週間は注視しないといけないのではないかと思っている」  また、きのうまでに27人の感染が判明した駿河区の医療型障害児入所施設「療育センター令和」のクラスターなど、これまでに発生したクラスター関連で、新たな感染者は出ていないということです。

浜松市は3人

 浜松市では新たに3人の感染が明らかになりました。このうち、中区の50代男性会社員は、年末年始に県外で会食をしていて、その際に感染した可能性があるとみられています。  また、おととい9日、職員の感染が確認された市立保育園で濃厚接触者など8人にPCR検査を行ったところ、全員の陰性が確認され、あしたから通常通り開園するということです。

This article is a sponsored article by
''.