JR東海は、業務量が減少していることなどから、一時帰休を実施すると発表しました。
画像: JR東海が一時帰休実施へ…新型コロナの影響で利用者大幅減、業務量が減少 youtu.be

JR東海が一時帰休実施へ…新型コロナの影響で利用者大幅減、業務量が減少

youtu.be

 JR東海は、新型コロナの影響で鉄道の利用者が大幅に減少し、業務量が減っていることや、社員の感染を防止するために一時帰休の実施を労働組合に提案したと発表しました。
 JR東海によりますと、対象となるのは駅や運輸所、工場などで勤務する社員約9500人で、期間は1月25日から2月28日までです。この期間、1日あたり400人規模で一時帰休を実施するということです。一時帰休した社員は、勤務したものとみなされ給与が支払われます。
 JR東海が一時帰休を実施するのは、会社が設立された1987年以来初めてです。

This article is a sponsored article by
''.