画像: J2磐田の新体制発表会見に出席し、鈴木政一監督(前列中央)を囲む新加入選手。左はMF鈴木雄斗、右はFW大津祐樹、後列左はMF鹿沼直生、右はDF加藤智陽

J2磐田の新体制発表会見に出席し、鈴木政一監督(前列中央)を囲む新加入選手。左はMF鈴木雄斗、右はFW大津祐樹、後列左はMF鹿沼直生、右はDF加藤智陽

J2ジュビロ磐田の新体制発表会が17日、リモート形式で行われた。新加入選手、鈴木政一監督(66)らが参加。横浜F・マリノスから加入の元日本代表FW大津祐樹(30)は、磐田に12シーズンぶりに復帰した中山雅史コーチ(53)から指導を受けることについて「子供の頃から憧れていた人で、そんな方に教えていただけるのは、成長できるきっかけ。いろんなものを吸収していきたい」と言い、目を輝かせた。
DF加藤智陽(24)は、ゴールを守る側として「どんなDFがFWにとって嫌なのかを聞きたいです」と話し、中山の恩師でもある鈴木監督は「メンタル面を含めて、選手たちにいい刺激を与えてほしい」と期待を込めた。

中山コーチは「報ステ」で「選手に向き合っていきたい」

中山コーチ自身は、13日、テレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜午後9時54分)に生出演。指導者としての抱負を問われると、「本当に選手に向き合って監督をサポートして全力を投じます。戦う集団にしたいです」と話していた。

画像: 2009年11月29日、J1広島との試合後、磐田退団のあいさつをする中山雅史

2009年11月29日、J1広島との試合後、磐田退団のあいさつをする中山雅史

This article is a sponsored article by
''.