静岡県内の3人がイギリス由来の変異株に感染したことが分かりましたが、このうち女性2人と男性1人の接点がないことが分かりました。
画像: 静岡県の会見

静岡県の会見

 静岡県が18日午後9時45分から開いた会見で明らかにしました。変異株感染の疑いがある20代女性と濃厚接触者の40代女性の2人の検体を、同じ保健所管内で同時期に感染したほかの複数の陽性者の検体とともに、国立感染症研究所が調べたところ、女性2人のほか、60代男性の変異株感染も分かりました。女性2人と60代男性に接点はないということです。3人とも渡航歴はなく、感染経路は不明です。
 静岡県は近隣地区に住み、発症した時期が近い30数人の検体を国立感染症研究所に送り、変異株に感染していないか調べています。静岡県は国と今後の対応を協議することにしています。
 感染した3人は全員軽症で、自宅で療養しているということです。

This article is a sponsored article by
''.