義理の母を殺害し、現金300万円を奪ったとして、強盗殺人などの罪に問われている男の裁判員裁判が静岡地裁で始まり、男は強盗殺人について否認しました。
画像: 静岡地裁

静岡地裁

 住所不定の無職の37歳の男は2017年10月、義理の母親(当時62)を殺害して、現金約およそ300万円を奪い、遺体を静岡市駿河区の山中に遺棄した罪などに問われています。

 初公判で被告は「私は殺害していません。死体遺棄は認めます。申し訳ありません」と強盗殺人について否認しました。検察は、被告が「金銭的に困窮して犯行に至った」と指摘し、弁護側は目撃情報などの直接証拠はなく、強盗殺人は第三者による犯行と主張しました。判決は来月19日に言い渡される予定です。

This article is a sponsored article by
''.