静岡県の川勝平太知事は19日、臨時会見を開きました。

静岡県 川勝平太知事:「静岡県の対応について、まず感染拡大緊急警報を発令する。イギリスの事例と同様に、変異株の感染力が高い場合は、これまでと同じ行動では感染者数の増加が加速しかねない。また医療体制の危機となる。最も重要な感染防止策は、感染リスクが高い行動を回避すること。これをこれまで以上に徹底して行うこと」

画像: 【新型コロナ】静岡県知事が臨時会見で感染拡大緊急警報を発令 感染力高い変異種確認で「一致団結して危機を」

 変異株の確認を受け、「感染拡大緊急警報」を発令した川勝知事。県境を越えた移動の自粛や不要不急の外出、会食の回避などを改めて強く県民に呼びかけました。

川勝知事:「まずは県民が一致団結して、この危機を乗り越えていく必要がある。ぜひ協力をお願いする」

Q.緊急事態宣言を改めてこのタイミングで国に要請することや、県独自で出すなど大きな意味での対策は?

川勝知事:「全体として落ち着いた数字になっているので、緊急事態宣言を要請する段階ではない。現在の警戒の警告を発出することで抑えたい」

 また、会見に同席した静岡県疾病対策課の後藤幹生課長は、県内3人目の変異種感染者の濃厚接触者が、変異種に感染しているかどうかを調べるPCR検査で陽性だったと、国立感染症研究所から連絡があったことを明らかにしました。ゲノム解析で確定すれば、県内4人目の変異種感染者となります。また、同じ保健所から送った31人分の検体については、全員の陰性が確認されたということです。

This article is a sponsored article by
''.