静岡県内でも変異種が確認される中、政府はワクチン接種を来月下旬までに開始したいとしています。ただノルウェーで、日本も供給を契約しているファイザー製のワクチンを接種した33人が死亡していたことが明らかになりました。現地メディアは、その多くが75歳で、重篤な基礎疾患を抱えていたと報じています。

ノルウェー医薬品当局 スタイナル・マドセン主任医師:「今回の件で方針を変えて、末期患者は接種すべきでない場合があると医師に通達した。ただ、ワクチンを不安視する根拠はなく、接種を継続しても問題はない」

 ANNが実施した世論調査では、ワクチンの接種について、すぐに受けたいとした人は20パーセント。64パーセントの人が、受けた人たちの様子を見たうえで考える、としています。

 今回、ワクチンの接種を担当することになった、河野大臣は。

『ワクチン接種担当』河野太郎行政担当大臣:「マイナス70℃という大変な低温下で輸送・保管をしなければいけない。3週間で2回打たなければいけない。様々な制約がある中で、やっていかなければいけないことですね、オールジャパンでやれるように頑張っていきたい」

ワクチン輸送のための超低温の冷凍庫を開発

 その制約をクリアする、ワクチンを輸送するための超低温の冷凍庫。去年、県内の企業が開発していました。

杉沢洋佑記者:(去年11月 沼津市「エイディーディー」):「こちらが今回ワクチン輸送用に開発された冷凍庫です。中を開けてみるとかなり冷たそうですが、中に入っているバナナ、叩いてみると鉄のようにカチカチになっています」

画像1: ワクチン輸送のための超低温の冷凍庫を開発

 沼津市の企業「エイディーディー」が開発したのは、高さ94センチ、幅54センチ奥行80センチの箱型の超低温冷凍庫。マイナス120℃の冷却機能があります。国内では来月下旬にもワクチン接種が始まる見通しとなる中、この冷凍庫がワクチン輸送にも使われるのか、聞いてみると…。

画像2: ワクチン輸送のための超低温の冷凍庫を開発

「エイディーディー」下田裕人取締役:「すでに厚生労働省とも打ち合わせを何度も重ねて、現状はちょっとした断熱の箱の中にワクチンを入れて、そのすき間全部にドライアイスをぎっちり23kg詰めこむ形で運送することが決まっているようです。冷凍庫ごとの輸送という話はなくなってしまった」

 なんと、ワクチンを入れて輸送することはなくなったそうです。ただ、別の形でワクチン輸送に役立つことになるといいます。

「エイディーディー」下田裕人取締役:「弊社の冷凍庫を活用して『とある物』を冷却して 輸送時に冷却する対象の物を一緒に運ぶ形ですが、申し訳ないが、どこまで私どもも伝えていいものかわからないもので、冷凍庫で何か別の物を冷やしてそれをファイザーのワクチンの箱を冷却するために使うという形です」

 「とある物」が何なのかは明らかになりませんでしたが、県内企業の商品が新型コロナとの戦いで重要な役割を果たすことは間違いなさそうです。

「エイディーディー」下田裕人取締役:「もちろん我々がワクチンを作れるわけではないが それを安心安全に供給できる。そこに一翼を担えるというのは非常にうれしく思っています」

 会社には、アジアやアフリカの各国からも、問い合わせが寄せられているといいます。

This article is a sponsored article by
''.