男子バスケットボールB3ベルテックス静岡は、25日に米国出身のルーク・エヴァンス(29)が日本国籍を取得したと発表した。

エヴァンスは、203センチ、100キロのパワーフォワードで、カリフォルニア・バプティスト大学卒業後、2014年にレノヴァ鹿児島(現B3鹿児島レブナイズ)に入団し、その後、B2東京エクセレンス、B2金沢武士団などでプレー。昨年9月にはB1スサノオマジックと契約し、B1のコートにも立っている。そして、同11月4日にベルテックス静岡と契約。B3開幕から全4試合に出場し、62得点、26リバウンドを記録。来日約6年で日本人になったことについては、クラブを通じて「日本国籍を取得するために、私を助けてくれたすべての人に感謝します。私は幸せで、これからの生活にワクワクしています」などとコメントして

画像: ベルテックス静岡のルーク・エヴァンス

ベルテックス静岡のルーク・エヴァンス

This article is a sponsored article by
''.