静岡大学と浜松医科大学は来年度中を目指していた大学の統合・再編を延期すると発表しました。
大学側は「白紙ではない」としていますが、一部では反対意見も根強く先行きは不透明です。
画像: 静岡大学と浜松医大統合・再編を延期 先行きは不透明に youtu.be

静岡大学と浜松医大統合・再編を延期 先行きは不透明に

youtu.be

静岡大学と浜松医科大学の統合・再編をめぐってはおととし、両大学が合意書を締結しましたが、静岡大学静岡キャンパスの教職員を中心に「総合大学としての規模が縮小する」などの反対意見が上がっていました。
去年1月に静岡市が設置した協議会でも静岡大学と地元自治会などで意見の違いがあり、両大学は「地元の理解が得られていない」としてきょう統合延期を発表しました。延期の期間は未定です。

今年度で任期を終える静岡大学の石井潔学長は次期学長の日詰一幸氏に「丁寧な引き継ぎをしたい」と話していますが、日詰氏は再編に慎重な立場を取っていて再編の議論は決着が見えていません。

This article is a sponsored article by
''.