林道工事をめぐり現金の受け渡しがあったとして、林野庁の職員と建設会社社長の男が逮捕された贈収賄事件で、静岡地検はきのう2人を起訴しました。

林野庁天竜森林管理署の49歳の男は、2018年12月、林野庁が発注した神奈川県内の林道工事をめぐり、ともに起訴された富士宮市の74歳の建設会社社長の男から賄賂として現金約200万円を受け取った罪で起訴されました。

起訴状などによりますと林野庁職員の男は、工事で使用する材料の単価を引き上げ、建設会社社長に請負代金の増額をほのめかし、建設会社に利益が出るよう働きかけたということです。

画像: 静岡地検が林道工事めぐる贈収賄事件で林野庁職員ら2人を起訴

This article is a sponsored article by
''.