静岡市は過去最大となる新年度予算案を発表しました。新型コロナ対策に重点が置かれ、田辺信宏市長は、命とくらしを守る「2つのライフ予算」と名付けました。
画像: 命とくらしを守る「2つのライフ予算」 静岡市が過去最大の新年度予算発表…一般会計3297億円 youtu.be

命とくらしを守る「2つのライフ予算」 静岡市が過去最大の新年度予算発表…一般会計3297億円

youtu.be

静岡市 田辺信宏市長:「『2つのライフ予算』と名付けたいと思います。市民の命を守る感染症拡大防止対策と、日常を取り戻す経済対策を強力かつ継続的に切れ目なく実施してまいります」

 静岡市の新年度予算案は、今年度より128億円多い6551億円で、一般会計も44億円増えて3297億円となりました。いずれも過去最大です。

 新型コロナウイルスのワクチン接種などに28億円余り、ポストコロナを見据えた地域経済の活性化に16億円余りを計上するなど、新型コロナ対策に重点的に配分したためだとしています。

 新型コロナの影響で、一部の大型事業は凍結し、財政も厳しい状態が続く中ですが、自身が掲げる「5大構想」の実現に向けても74億7000万円を計上し、前年度より34億円多くなりました。

田辺市長:「民間の投資を喚起するような公共投資をすることによって、経済の好循環を作っていく中で税収の確保を図っていきたい」

 このほか、サッカースタジアムの構想づくりとして、日本平のIAIスタジアムの現状整理や他のスタジアムの調査のためとして300万円を計上しました。また、2月補正予算案でも、飲食業者に一律10万円を支給する支援事業に5億円を計上しています。来年度予算案と2月補正予算案は、16日に開会する静岡市議会2月定例会に上程されます。

This article is a sponsored article by
''.