静岡県では11日、新型コロナウイルス感染者が15人確認されました。直近の10万人あたりの感染者は、ピーク時の5分の1にまで減少しています。
画像: 【新型コロナ】50代男性と高齢男性の2人が死亡 新規感染者は15人 静岡県 youtu.be

【新型コロナ】50代男性と高齢男性の2人が死亡 新規感染者は15人 静岡県

youtu.be

 県内の新規感染者は15人で、最多は浜松市の6人です。また、磐田市では50代の男性と高齢の男性、あわせて2人の死亡も確認されています。50代の男性には基礎疾患があったということです。県内の10万人あたりの1週間の感染者数の推移は、ピーク時の先月14日には17人を超えていましたが、その後、下降し、きのう10日には3.6人となり、きょう11日は3.4人にまで改善しました。

静岡県疾病対策課 後藤幹生課長:「暖かくなることが、感染者が急に減るかはわからなくて、南半球のブラジルとかは夏だが、感染者がすごく増えていると聞いている」

 一方、病床使用率は県全体で22.2%で、県東部でも30%を下回っています。

This article is a sponsored article by
''.