記録的な不漁が続くサクラエビ。
今年の春漁が来月29日に解禁することになりました。
画像: サクラエビ春漁3月29日解禁 自主規制は継続 youtu.be

サクラエビ春漁3月29日解禁 自主規制は継続

youtu.be

静岡県県桜えび漁業組合は、今月中旬に開いた会合で、今年の春漁の解禁日を来月29日と決めました。
期間は6月4日までの2ヵ月余りで、去年より6日間長くなります。
サクラエビは記録的な不漁が続いていて、去年の春漁は天候不良の影響もあり、水揚げ量は過去最低のおよそ26トンにとどまりました。
組合は資源回復のためにこれまで禁漁区を設けたり、漁に出る回数を制限したりしてきましたが、今年の春漁でも自主規制を継続するということです。

This article is a sponsored article by
''.