去年1年間の、静岡県内の刑法犯の認知件数が過去最少を更新しました。
静岡県警は新型コロナによる外出自粛が要因とみています。
画像: 新型コロナで外出自粛が要因 静岡県内の犯罪件数が過去最少を更新 youtu.be

新型コロナで外出自粛が要因 静岡県内の犯罪件数が過去最少を更新

youtu.be

 県警のまとめによりますと、去年の県内の刑法犯認知件数は、前の年より約2500件減少し、1万5370件でした。18年連続の減少です。去年は、すべての月で前の年を下回り、感染が拡大した7月から9月は、250件から300件ほど減少しました。

 県警の担当者は「外出自粛で人との接触が少なくなったことが、減少の要因の1つになった」と話しています。

This article is a sponsored article by
''.