リニア中央新幹線工事による大井川の水問題を議論する、国の有識者会議の進め方について、静岡県が国交省に提案書を提出しました。

- YouTube

youtu.be

 リニア新幹線工事をめぐり、7日の有識者会議ではトンネル湧水の県外流出が議論され、「トンネル掘削前の河川流量を下回らないことが示された」との座長コメントが出されています。

 これに対し、静岡県は今後の議論の進め方について、「トンネル掘削工法など多くの課題が残っていて、次回の会議でリスク対策の議論に進むことは問題である」とする提案書を国土交通省に提出しました。

This article is a sponsored article by
''.