浜松医療センターなど浜松市で発生している2つのクラスターで新たに12人の感染が確認されました。
静岡県の川勝知事は会見で、県内の感染状況について「下げ止まっている」と危機感を示しました。
画像: 【新型コロナ】浜松市のクラスター拡大静岡県内26人が感染 youtu.be

【新型コロナ】浜松市のクラスター拡大静岡県内26人が感染

youtu.be

きょう静岡県内では新型コロナの新規感染者が26人確認されています。
浜松市では15人が感染し、このうち3人はきのうクラスターに認定された中区の浜松医療センターの入院患者です。
これでクラスター関連の感染者は8人となりました。
病院によりますと、3人の患者はきのう感染が確認された
患者と同じ一般病棟に入院していて、一度は陰性が確認されていましたが、発熱などの症状があり、再び検査を行ったところ陽性が確認されたということです。
今後、病院は入院患者や職員に対して定期的に検査を行う方針です。
また、クラスターが発生した浜松市西区の「ミヤキ 第2工場」では、従業員の家族や知人・友人らあわせて9人の感染が新たに確認されています。
これで2次感染者も含めた感染者は47人となりました。
静岡県内の病床使用率は、きょう正午の時点で西部では34・2%となっています。
クラスターが起きた浜松医療センターが新たな感染者の
受け入れを停止している影響だということです。

This article is a sponsored article by
''.