静岡県内では新型コロナウイルスの新規感染者が21人確認されています。
画像: 【新型コロナ】静岡県で21人感染 浜松医療センター関連が6人 接待伴う飲食店対象の検査でも1人 youtu.be

【新型コロナ】静岡県で21人感染 浜松医療センター関連が6人 接待伴う飲食店対象の検査でも1人

youtu.be

 浜松市の7人の感染者のうち6人は、クラスターが発生した中区の浜松医療センター関連で、感染が広がった一般病棟と同じフロアの医療従事者2人と高齢者の入院患者4人です。これで2次感染を含むクラスター関連の感染者は44人となりました。

 また、市中感染を早期に発見するため、市が独自に行っている接待を伴う飲食店の検査で、中区の20代男性の感染も確認されています。市によりますと、検査対象は市内のおよそ55店舗、3700人で、先月15日から451人の検査を行い、きょうまでにあわせて4人の感染が確認されているということです。検査は今月中旬まで行われます。

医療従事者を対象の「優先接種」用ワクチン あす静岡県に

 こうした中、ワクチンについても動きが出ています。県によりますと、医療従事者を対象にした「優先接種」用のものがあす4日に県内に届けられます。あわせて13箱、およそ1万3000回分で、静岡市立静岡病院や藤枝市立総合病院、それに浜松市北区の聖隷三方原病院など7つの重点医療機関に配分されます。聖隷三方原病院は、早ければあすから、接種を開始するということです。

 来週にはさらに13箱が届き、あわせて20ほどの医療機関で、接種が行われる予定です。

This article is a sponsored article by
''.