林輝彦アナウンサー:「観光地・熱海には、首都圏から多くの観光客が訪れています。JR熱海駅前の足湯は利用が停止されていましたが、そちらも解禁され、多くの方がくつろいでいます」
画像: 再開した足湯の前でリポートする林輝彦アナ

再開した足湯の前でリポートする林輝彦アナ

画像1: 緊急事態宣言解除で通りを埋め尽くすほどの観光客が… 人出は前週の2割増 静岡・熱海市

 首都圏からの観光客が8割を占める静岡県内屈指の観光地・熱海。緊急事態宣言の解除初日となった21日、駅前の商店街には通りを埋め尽くすほど多くの観光客が。

 2回目の宣言を受けて閉鎖されていた、駅前の足湯も2カ月半ぶりに再開。多くの人が足湯を利用し、熱海観光を満喫していました。

千葉からの観光客:「きょうは友達4人で旅行しに来た。最高です。めっちゃ気持ちいいです。また来たいですね、熱海」

 大きな荷物を持った人たちが続々と到着し、商店街もかつてのような賑わいを見せる中、目立っていたのは、若い世代の旅行客です。とりわけ、この時期は学生の卒業旅行シーズン。その目的地として熱海が選ばれています。

横浜からの観光客:「卒業旅行で来た」

Q.熱海のきょうの人通りは?
A.「結構人が多い、きのうより混んでいる。(きのうの花火が)部屋から見えたので、海と一緒に、満喫できた。いやもう凄かった、迫力が…。画面に映り切れないくらい。すごい良かった」

画像2: 緊急事態宣言解除で通りを埋め尽くすほどの観光客が… 人出は前週の2割増 静岡・熱海市

 中には、半年ぶりに熱海で再会したというグループも。

Q.卒業旅行?
東京と千葉からの観光客:「はい」
Q.皆さんが集まるのは何日ぶりぐらい?
A.「半年ぐらいぶり。大学がなかったので、あと学科も違うので。東京から来てるから申し訳ないが、就職するので最後の思い出として」

 21日に行われた、熱海海上花火大会を見に来たという観光客も。

Q.花火は見た?
神奈川からの観光客:「見ました、めちゃめちゃよかった。ちょっと怖いが、思いっきり遊べるのでうれしい」

 食べ歩きをする人や、お土産を買う人など、観光客の熱気が戻りつつある熱海商店街。ソフトバンクの子会社「アグープ」によりますと、好天に恵まれた20日、「熱海温泉」の人出は、先週土曜に比べて2割ほど増加したということです。

This article is a sponsored article by
''.