母親の遺体を自宅に数週間程度放置したとして、静岡県焼津市の56歳の女が死体遺棄の疑いで逮捕されました。
画像: 母親の遺体を自宅に数週間放置したか 同居の女を逮捕 静岡・焼津市

 焼津市中島の自称パート店員の女(56)は、3月中旬ごろ自宅で同居する母親(80)の遺体を発見したにも関わらず、31日まで放置した疑いが持たれています。31日夕方に女が「母親が死んでしまったが、どうしたらいいか分からない」と近所の交番に届け出て事件が発覚しました。
 警察によりますと、遺体は居間に寝ている状態で発見され、目立った外傷はありませんでした。遺体は死後数週間程度経過していて、女は死体遺棄容疑を認めているということです。

This article is a sponsored article by
''.