静岡大学の入学式が2年ぶりに行われ、新入生たちが新たな一歩を踏み出しました。
画像: 静岡大学で入学式 「自らの殻を破る挑戦を…」 新学長が歓迎の言葉 youtu.be

静岡大学で入学式 「自らの殻を破る挑戦を…」 新学長が歓迎の言葉

youtu.be

 4日午前、静岡市駿河区のグランシップで行われた静岡大学の入学式には、各学部の代表者ら15人のみが出席しました。
 去年は新型コロナウイルスの影響で入学式が中止されたため、開催は2年ぶりです。式典の様子はユーチューブで配信され、代表者以外の新入生や保護者はオンラインで参加しました。
 式典では新入生の代表者が宣誓をし、日詰一幸新学長から「皆さんの学生生活が自らの殻を打ち破る挑戦であってほしい」と歓迎の言葉が贈られました。

新入生(地域創造学環):「このような形で、みんなで迎えることはできなかったが、いよいよ自分たちが入学するという実感が湧いて、春から新しい環境で頑張っていきたいと思いました」

新入生(情報学部):「情報学部なのでプログラミングの知識とかを蓄えていって、将来活かせるように頑張りたいと思っています」

 今年は学部生1991人、大学院修士課程に554人など合わせて2644人が静岡大学に入学しました。

This article is a sponsored article by
''.