7日未明、静岡市清水区の国道1号で、男性が倒れているのがみつかり、搬送先の病院で死亡したひき逃げ事件で、被害者は58歳の男性と分かりました。
画像: 県警分庁舎前の死亡ひき逃げ事件 被害者は58歳男性 分庁舎の防犯カメラの解析進める 静岡市清水区

 7日午前2時40分頃、静岡市清水区吉川にある静岡県警清水分庁舎前の国道1号上り線で、分庁舎で働く警察官が自転車とともに倒れている人を発見し、110番通報しました。警察の調べによりますと、倒れていたのは清水区草薙杉道の58歳の会社員の男性で、病院に搬送されましたが、およそ1時間半後に死亡しました。

 現場には男性のものとみられるへこんだ自転車が横たわっており、周辺には車か自転車の部品のようなものが落ちていたということです。警察は事故当時の目撃者の情報などから、ひき逃げ事件とみて分庁舎の防犯カメラの解析をするなど捜査を進めています。

This article is a sponsored article by
''.