静岡県立大学では、去年、新型コロナウイルスの影響で入学式を行えなかった新2年生のために、1年越しで入学式を開催しました。
画像: 主役は2年生…静岡県立大学で入学式 わずか20分の式でしたが…「やっと大学が始まるかなという感じ」 youtu.be

主役は2年生…静岡県立大学で入学式 わずか20分の式でしたが…「やっと大学が始まるかなという感じ」

youtu.be

 8日午後、静岡市駿河区のグランシップで開催された県立大学の入学式。参加するのは今年の新入生…ではなく、去年、入学した新2年生です。

 参加するはずだった去年の入学式は、東京都など7都府県に緊急事態宣言が出されていたことから中止されました。1年越しの晴れ舞台です。

入学してから3カ月間はキャンパスにも行けず…

中西くん:「入学式に行く」

 県立大学2年の中西優斗さん。去年4月、三重県から進学し、1人暮らしをしています。着ているのは、去年、入学式のために買った真新しいスーツです。

中西くん:「スーツ買ったのにもったいないなみたいな感じで、入学式がなくて友達づくりも苦戦して」

 中西さんが入学してから3カ月間、県立大では新型コロナ感染拡大防止のため、キャンパスに行くことも許されませんでした。

中西さん:「前期はほぼオンラインで、友達と顔を合わせるとかもあんまりなく、そんな感じでやってました。やっぱり一人で寂しかったし、友達も前期はいなくてそれがちょっとしんどかった」

 その後もオンラインでの授業が続きましたが、8月にはバレー部に入り、後期は対面授業も少しずつ増え、徐々に大学生らしい生活になってきたといいます。

中西さん:「授業終わりにスタバに行ったり、少人数でなるべく行動して、気遣いながらやっています。ご飯行ったり」

しかし、本音では…。

「打ち上げしたり、文化祭も楽しみたい」

中西さん:「やっぱり大人数でご飯いったり、打ち上げしたり、文化祭が今年なかったので、文化祭も楽しみたいし、イベントごとを1個1個大切にしたいと思います」

 きょうの入学式も大切にしたいイベントの1つです。

中西さん:「もう知り合っているなかでの入学式というのも、面白そうだなと思っています」

入学式はわずか20分でしたが…

 中西さんだけなく、多くの2年生がきょうの入学式を待ち望んでいました。

看護学部2年:「楽しみです。すごくうれしかった。気遣ってくれたのが」

原川朋華記者:「皆さん2年生ということで、手慣れた様子で学生証をタッチしてから会場に向かっていきます」

 午後1時、1年遅れで入学式が始まりました。2年生およそ500人が出席し、式辞や誓いの言葉が述べられました。

代表者:「1年遅れの入学式を迎えられることをうれしく思います。世界中で起こっている感染拡大が一刻も早く収束し、本来の大学生活が起これることを願っています」

 式は20分で終了。

 例年のようなサークル紹介などはなく、短い時間でしたが、2年生たちは改めて入学した実感が湧いたようです。

国際関係学部2年:「こういう式典に参加しないと、気持ちも全然ピシとならないので、本当にきょう来られたのが、すごくよかった」

国際関係学部2年:「やっと、ちゃんと大学が始まるのかなという感じ」

中西くん:「楽しかったです。2年生になった実感が湧きました。明るく楽しい大学生活を送りたいです」

 前例のないコロナ禍で過ごす大学生活。2年生それぞれのキャンパスライフが改めて始まりました。

This article is a sponsored article by
''.