静岡県裾野市の富士サファリパークでは、3月生まれた2頭のライオンの赤ちゃんが、愛くるしい姿をふりまいています。
画像: 「3カ月後には歯もしっかり生える」…双子のライオンの赤ちゃん、特別展示は4月11日まで 静岡・裾野市 富士サファリパーク youtu.be

「3カ月後には歯もしっかり生える」…双子のライオンの赤ちゃん、特別展示は4月11日まで 静岡・裾野市 富士サファリパーク

youtu.be

 産まれた時の大きさは体長22cm、体重1.3kg。双子のオスの赤ちゃんは温度管理された部屋で過ごしていて、1日4回のミルクを勢いよく飲んで成長し、およそ1カ月で体長52センチほど体重はおよそ4キロまで成長しました。

お客さん:「かわいい…」
「思ったよりでかくて、でもかわいいですよね」
「あ!フワフワ。かわいいです」

広報担当 今井啓介さん:「飼育員によると、1頭はのんびりしている、1頭はやんちゃになりそうだと言っていました。3カ月後には歯もしっかり生えて、骨付きのお肉を食べるようになって、臭いも獣臭がでてきます」

 じゃれ合ったり、スヤスヤ眠ったりする可愛らしい姿を見ることが出来る特別展示は5月11日まで、赤ちゃんを抱っこしての記念撮影会は5月24日まで体験できますが、赤ちゃんの成長に合わせて抱っこできる人の対象年齢が上がっていくということです。

This article is a sponsored article by
''.