任期満了に伴う静岡県の南伊豆町長選が告示され、選挙は現職と新人の2人の候補による一騎打ちとなりました。
画像: 新人と現職の一騎打ち 静岡・南伊豆町長選 きょう告示 youtu.be

新人と現職の一騎打ち 静岡・南伊豆町長選 きょう告示

youtu.be

立候補したのは届け出順に、
無所属新人で空間デザイナーの塚本誠二郎氏(76)と
現職で2期目を目指す無所属の岡部克仁氏(58)の2人です。

 塚本氏は伊豆半島に橋やトンネルなど大きな建造物をつくることを批判し、町の看板などを整え美しい景観の町にしたいと訴えています。

塚本氏:「この都会に近くて人工物が少ない所に、人々は癒やしを求めてくるわけで、都会の人工物に囲まれた所から伊豆に来てみたら、またでかい橋や道路やトンネル、まったく矛盾している。この場所のもっている特性を理解していない」

 現職の岡部氏は4年間の実績を訴えるとともに、新型コロナの感染拡大防止を最優先にすると話しました。

岡部氏:「まずは新型コロナウイルスの感染拡大を防止する。ここは最優先であります。まもなく始まるワクチン接種を町民の皆様には率先して接種していただき、安心を確保していただくことがわが町のあるべき姿」

 投票は4月25日に行われ即日開票されます。

This article is a sponsored article by
''.