空手の東京オリンピック最終選考会となる大会が開かれ、静岡県御殿場市にある御殿場西高校出身の佐合尚人選手が67キロ級の代表に内定しました。

 オリンピックでは60キロ級と67キロ級が統合される空手。プレミアリーグ・リスボン大会では、佐合は60キロ級に出場しました。佐合は3回戦まで粘り強く勝ち上がりますが、準々決勝でエジプトの選手に敗退。一方、オリンピックの選考ポイントで佐合選手を追う篠原浩人選手は67キロ級に出場し、初戦敗退となりました。
 その結果、佐合選手がランキングで篠原選手を上回り、代表入りが内定しました。佐合選手は去年、一度代表に内定していましたが、東京オリンピックの開催が延期となり、内定が取り消されていました。

This article is a sponsored article by
''.