4日朝、静岡市の街中に行列が…。その先にあるのは、民間のPCR検査センターです。午前10時のオープンに合わせて、検査を希望する人たちが詰めかけていました。
画像: 民間のPCR検査センターに行列 「高齢者がいるので」「同僚が陽性で…」 静岡市

 そこには、ゴールデンウィークならではの事情が。

 3週間前にハワイから帰国したご家族。母親に会うため、3日に静岡に帰省したそうです。

検査を受けに来た人 40代:「ちょうどハワイを出るときにすでにPCR検査を全員していて、羽田空港に着いて、またさらにPCR検査を2回目しまして、2週間の自粛期間を過ごしたんですけど、やはり母親が高齢ということで、家族もいるので、安心のために」

 6日から仕事が始まるという男性は…。

検査を受けに来た人 20代:「会社から検査に行くように言われて。ゴールデンウィーク終了時に、検査結果を持ってくるように言われたので、(GWの)最終日に近いように調整した形です」

 身近な人の感染をきっかけに検査を受けに来たという人も。

検査を受けに来た人 40代:「職場の同僚からコロナの陽性者が出たので。ただ関わりは薄いんだけど、一応安心できるように、受けに来ました。家族に高齢者もいるので、もう少しで(ワクチン)注射ってところで、まさかのタイミングで」

 普段は、1日に130人ほどを検査しているというPCRセンター。大型連休に入ってから、検査数が急増しているといいます。

PCR検査センター静岡 小栁雅子さん:「やはりこのゴールデンウィークに入りまして、普段の倍以上の方が検査を受けに来られています。本日まで大体1000人を超える方が検査を受けられています。帰省される学生が多いような感じがあります。やはり会社も多いので、みんなで受けようというふうにしてくださる方が増えてきたのかなと感じています」

This article is a sponsored article by
''.