スミス春子アナウンサー(4日午前10時ごろ):「東京などに緊急事態宣言が発令されている中でのGW。こちら沼津港では、きょうも賑わいをみせています」
画像1: 首都圏で人気の静岡・沼津港に県外から多くの観光客が…「都内には行けないので」「経済を回せるところは回さないと…」
画像2: 首都圏で人気の静岡・沼津港に県外から多くの観光客が…「都内には行けないので」「経済を回せるところは回さないと…」

 我慢のゴールデンウィークも後半戦。アクセスが良く、首都圏からの観光客に人気の沼津港には、東京をはじめ、多くの県外ナンバーの車が。

画像3: 首都圏で人気の静岡・沼津港に県外から多くの観光客が…「都内には行けないので」「経済を回せるところは回さないと…」

茨城から40代女性:「都内は行けないので、おいしいものが食べたいなということで、(コロナのまん延が)早く終わると思っていたので、3回目の宣言では、少し気が緩んでいるのかなと思っている」

神奈川から40代男性:「ゴールデンウィークというのもあり、人出が特に都心から少し離れたところに集まってきている所があり不安でした。どういう対策をしなければいけないかわかってきたので、経済を回していけるところは回していきたい」

 緊急事態宣言が出ている東京を回避して、関東から多くの人が沼津港を訪れているようです。

飲食店では…

 沼津港の飲食店では午前10時ごろには、すでに店内に多くの客が。休業を余儀なくされた1年前とは異なり、いつもの連休の様子が戻りつつありました。

飲食店:「ゴールデンウィークといえば一番お客さんが来る時期。例年に比べると若干少ないですが、最近の土日に比べると人は多い。例年に比べると(客入りは)8割くらい」

 例年は首都圏からの客が多いそうですが、今年は大阪など関西にも緊急事態宣言が出ている影響か、中京圏からの客も多いそうです。

Q.緊急事態宣言下の影響は?
A.「沼津は伊豆方面の入り口にもなるので、結構県外からのお客様が多い。感染症対策をしっかりとりながら、お客様に満足して笑顔で帰っていただけるようにしたいと思う」

This article is a sponsored article by
''.