1日に竜巻とみられる突風被害があった静岡県牧之原市では、雨に備えてがれきの撤去や修復が急ピッチで行われています。

- YouTube

youtu.be

白鳥衛記者:「被害の大きかった牧之原市布引原の現場に来ています。空がだんだん暗くなってきていて、雨もポツポツ降ってきました。おととい、きのうと比べるとブルーシートも貼り終え、作業を終えられたお宅がほとんどのようです」

 被害の大きかった牧之原市布引原地区では、雨に備え、被災した家屋の天井や窓にはブルーシートが貼られています。

 牧之原市では1日に竜巻と見られる突風が吹いて、建物が倒壊するなどの被害があり、きのう新たに牧之原市須々木でも突風による建物被害が確認されました。これで被害を受けた建物の数は合わせて125棟となりました。

This article is a sponsored article by
''.