夏の高校野球静岡大会まであと2カ月を切りました。その前哨戦となる 春の県大会は5日、決勝戦と3位決定戦が行われました。

 観客を入れて2年ぶりに行われている春の高校野球。決勝は二季連続で
西部地区を制した掛川西と、去年秋の県王者・藤枝明誠の一戦。

 明誠の先発はエース小林。1回、簡単に2アウト取りますが、その後2塁1塁のピンチを招き、打席には5番・今駒。しぶとくレフト前に運ぶタイムリーヒットで掛川西が先制します。
 
 追いかける藤枝明誠もすぐさま反撃。3番宮城、4番のスラッガー川瀬の連続ヒットでチャンスを作り、5番西岡。

【実況】
「詰まりながらも1、2塁間、2塁ランナー3塁を蹴ってホームに帰ってきました同点のホームイン」

 その後は両チーム譲らず。決勝戦らしい好プレーが相次ぎ、得点を許しません。

 試合が動いたのは、1対1で迎えた8回裏、藤枝明誠はノーアウト2塁1塁とし、同点タイムリーを放った5番・西岡。ここで送りバント、きっちりと1球で決め、ランナーを進めると、つづく6番・中野の初球…。

【実況】
「ああっと後逸!3塁ランナーが勝ち越しのホームイン」

 さらに中野は、ピッチャーのグラブを弾くタイムリーヒット、明誠が終盤に2点勝ち越します。

 掛川西も9回、粘りを見せ1点を返しますが、最後はダブルプレーでゲームセット。藤枝明誠が去年秋に続いて静岡の頂点に立ちました。

藤枝明誠 川瀬主将:「決勝まで進み、東海大会出場、また優勝という結果につながったのは、これからの自分たちの東海大会や夏に向けてつながるものだと思う」

 また、静岡高校と浜松工業の3位決定戦は、1回から浜工打線が爆発、打者一巡の猛攻で5点を挙げると、投げては2年生サウスポー太田涼介が粘りのピッチングで3失点完投、6対3で浜松工業が勝ちました。

This article is a sponsored article by
''.