47年前の1974年5月9日、30人が犠牲となった伊豆半島沖地震が発生しました。静岡県南伊豆町では、地震発生の時刻に合わせて慰霊祭が開かれました。
画像: 47年前の災害を風化させず 伊豆半島沖地震の慰霊祭 静岡・南伊豆町 youtu.be

47年前の災害を風化させず 伊豆半島沖地震の慰霊祭 静岡・南伊豆町

youtu.be

 1974年5月9日の午前8時33分、石廊崎沖を震源とするマグニチュード6.9の地震が発生し、南伊豆町中木地区では大規模な山崩れが起きて22戸の家が飲み込まれ、27人が生き埋めとなり命を落としました。
 南伊豆町ではこの災害を風化させず防災意識を高めるため、発生時刻の午前8時33分にサイレンとともに全町民で黙とうを捧げています。中木地区では、慰霊碑に犠牲者の遺族や消防団員らが献花を行い冥福を祈りました。

This article is a sponsored article by
''.