静岡県では14日、新たに98人の新型コロナウイルス感染者が確認されました。金曜としては、1月8日の92人を上回って過去最多です。

浜松市 過去最多の38人…未成年10人、20代8人

画像: 浜松市

浜松市

 自治体別でみると、最も多くの感染者が発表されたのは浜松市で38人。前日の34人を上回り、2日連続で過去最多を更新しました。38人のうち、未成年が10人、20代が8人と半数近くを占めていて、若年層を中心とした感染者の増加傾向が続いています。浜松市によりますと、ゴールデンウィーク中に県外の人と接触して感染した人をきっかけに、家庭内で感染が広がり始めているということです。

湖西市 1週間で人口10万人あたり79.7人

画像: 湖西市

湖西市

 次に多かったのは湖西市で、16人の感染が確認されました。湖西市では14日を含む1週間の人口10万人あたりの感染者数が79.7人と、市内で爆発的な感染拡大が起きています。

 その他の自治体では、静岡市で15人、磐田市で6人、袋井市・裾野市・富士市でそれぞれ4人などとなっています。

静岡市では新たなクラスター

画像: 静岡市の会見 14日

静岡市の会見 14日

静岡市の担当者(14日) 「このクラスターは葵区にあるアニメソングカラオケカフェで発生したものです。本日までに従業員3人と客3人、合計6人の陽性が判明したためクラスターと認定したものです」

 静岡市はクラスターとなったアニメソングカラオケカフェの従業員8人を検査していて、利用者についても今後、検査を進める方針です。また、静岡市では新たに2人の変異ウイルス感染が判明。これで、県内での変異ウイルスへの感染者は294人にのぼっています。

 県内の1日ごとの感染者数の推移をみると、最も感染状況が悪化していた1月以降、横ばいが続いていましたが、今月に入って感染が急拡大、14日まで3日連続で90人以上の感染が確認されています。

14日を含む1週間の人口10万人あたりの感染者数は15.1人。20日にも15人を超えるとの県の試算よりも6日早く、ステージ3の水準に達しました。

川勝知事
「本県の感染者数はこれまでにない急速なスピードで増加しています」

 静岡県は感染状況が最も悪化した1月以来の状況に直面しています。

画像: 静岡市では新たなクラスター

This article is a sponsored article by
''.