3月、静岡県富士宮市の富士山5合目のレストハウスに侵入し放火した罪に問われている男は、5月25日の初公判で起訴された内容を認めました。
画像: 富士山5合目レストハウス放火 初公判 起訴内容認める

起訴状などによりますと東京都昭島市の28歳の無職の男は、2021年3月16日富士山5合目のレストハウスに侵入し、22日ごろに新聞紙にライターで火を付けレストハウスを焼いた罪に問われています。

地裁沼津支部で開かれた25日の初公判で、被告は「間違いありません」と起訴された内容を認めました。

続く冒頭陳述で検察側は、被告が犯行に至った経緯について
「3月上旬に収入が減り、友人への金銭の返済の見込みがなくなったため現実逃避をして富士山にきた」
「暖を取るためにレストハウスに侵入し生活していたが、除雪作業員が近くに現れたことから発覚を恐れ、施設に火を付け自殺しようと考えた」などと指摘しました。

次回公判は7月19日に開かれる予定です。

This article is a sponsored article by
''.