6月20日に迫った静岡知事選は後半戦に入りました。2人の候補者は、きょう13日も県内各地で支持を訴えています。
画像1: 静岡知事選は後半戦へ 現職と新人の一騎打ち
画像2: 静岡知事選は後半戦へ 現職と新人の一騎打ち

無所属で4期目を目指す現職の川勝平太氏(72)は、午後、静岡市内で決起集会を開き、前埼玉県知事の上田清司参院議員が応援に駆け付けました。
川勝平太氏(72):「県民の、県民による、県民のための県政をしてきた川勝を選ぶのか、それとも政党の、政党による、政党のための、いち代表を選ぶのか」

画像3: 静岡知事選は後半戦へ 現職と新人の一騎打ち

一方、無所属で自民党推薦の新人岩井茂樹氏(53)の街頭演説には上川陽子法務大臣と茂木敏充外務大臣が応援に入り、県政の刷新を訴えました。
岩井茂樹氏(53) :「まずはワクチンの接種、遅れているのはみなさんもご承知の通り、しっかりとそこを是正させていただいて、オール静岡でこのワクチン接種を進めてまいります」

現職と新人、一騎打ちの知事選は、6月20日投票です。

This article is a sponsored article by
''.