乾燥大麻を営利目的で所持し、外国人の男に販売したなどとして2人の男が静岡県警に逮捕されました。
画像: 押収された大麻など

押収された大麻など

 大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは東京都世田谷区の48歳の無職の男ら2人です。警察の調べによりますと、48歳の男は1月に乾燥大麻850グラム(末端価格約510万円)を外国人の男に売り渡し、5月には自宅で乾燥大麻370グラム(末端価格約220万円)を営利目的で所持した疑いが持たれています。
 警察によりますと、静岡県西部でおきた外国人が関連する別の大麻事件の捜査の中で、男の関与が明らかになったということで、乾燥大麻の販売が組織的に行われていたとみられています。

This article is a sponsored article by
''.