静岡県内では記録的な大雨にみまわれ、熱海市では大規模な土砂崩れが発生しました。県によりますと、この土砂崩れで少なくとも20人の安否が分かっていません。十数軒の住宅が流されたとみられています。
画像: 静岡・熱海市で大規模な土砂崩れ 少なくとも20人の安否不明 住宅十数軒流されたか 消防が15歳の男子救助 沼津市では住宅流出

 消防によりますと、午前10時半ごろ熱海市伊豆山で、付近の住民から「土砂崩れが起きた」と消防に通報がありました。県によりますと、この土砂崩れで少なくとも20人の安否が分かっていないということです。付近に住む15歳の男の子は自力で脱出したところを消防に救助され、救急搬送されましたが、命に別状はありません。

 土砂崩れは少なくとも数十メートル規模にわたり、複数回にわたって発生したとみられます。県は自衛隊に災害派遣要請を行い、この後、自衛隊が捜索活動を行います。

沼津市では住宅流出

画像: 沼津市では住宅流出

 また、沼津市と清水町を結ぶ黄瀬川大橋では橋の一部が崩落しました。その上流にある住宅一棟が流されました。住宅には2人が住んでいましたが、 すでに避難していて無事でした。

This article is a sponsored article by
''.