浜松市内の飲食店から用心棒料を受け取ったとして、暴力団の組長が14日、罰金30万円の略式命令を受けました。

画像: 用心棒料受け取った組長に罰金30万円の略式命令 仲介男性と飲食店の女性は不起訴に 浜松市 youtu.be

用心棒料受け取った組長に罰金30万円の略式命令 仲介男性と飲食店の女性は不起訴に 浜松市

youtu.be

 静岡県暴力団排除条例違反の罪で、罰金30万円の略式命令を受けたのは浜松市西区の54歳の暴力団組長です。起訴状などによりますと、組長は市内の飲食店を経営する女性から用心棒料として1万円を受け取りました。

 この事件では現金の受け渡しを仲介した男性と飲食店を経営していた女性も逮捕されていましたが、静岡地検浜松支部は不起訴処分としました。地検浜松支部は不起訴の理由を明らかにしていません。

This article is a sponsored article by
''.