富士山の湧き水が集まるとされる三島市楽寿園の小浜池が、今年も満水となっています。去年に続いての満水で、2年連続は17年ぶりの出来事です。
画像: 今が見どき 富士山の湧水による小浜池が満水 静岡・三島市楽寿園 youtu.be

今が見どき 富士山の湧水による小浜池が満水 静岡・三島市楽寿園

youtu.be

楽寿園園長 山川 晃さん:「富士山から流れてくる湧き水が中心的な部分になるんですが、このところの大雨が加わって水位が上昇したと考えられると思います」

富士山の湧水が流れ込む小浜池は近年、水量が枯渇気味となっていましたが、去年59年ぶりに満水記録を更新しました。これまでおよそ6~7年の周期で満水になると言われてきましたが、今年も7月7日に満水の基準の150センチを超えました。2年連続は2004年以来、17年ぶりの出来事となります。小浜池の水位は、標高25,69mの地点を0センチとして計測し、撮影をしたおとといの水位は172センチでした。

楽寿園園長 山川 晃さん:「本来の姿がこれが小浜池ですから、今まで水がないほうが残念だった。水がある楽寿園・小浜池を是非、見に来てもらいたいと思います」

This article is a sponsored article by
''.