静岡県熱海市の土石流災害は発生から2週間となりました。
17日2人の死亡が確認され、1人の身元が判明しました。
画像: 土石流災害発生から2週間 新たに2人の死亡が確認1人の身元が判明 静岡・熱海市 youtu.be

土石流災害発生から2週間 新たに2人の死亡が確認1人の身元が判明 静岡・熱海市

youtu.be

17日東海地方の梅雨明けが発表され、熱海市伊豆山では厳しい暑さの中、捜索が続けられました。
夕方、新たに2人が近くの場所で相次いで見つかり、死亡が確認されました。
これで土石流による死者は15人となりました。
また静岡県は、16日死亡が確認された1人について、熱海市伊豆山の草柳笑子さん(82)と判明したと発表しました。
いまだ15人の行方がわかっていません。

発災から2週間。17日午後4時現在で476人が避難所となっているホテルで生活しています。
避難生活が長期化し、被災者は疲れの色が濃くなっています。

●被災者2人
「疲れた、疲れています」
「一時帰宅できていないので(自宅の)状況がわからない」
「自分自身も生活考えたらどうなるのか不安ですよね」

県は被災者が今後住むためのみなし仮設住宅を新たに17戸確保するなど、生活支援を進めています。
また熱海市は、被災者が支援を受けるために必要な罹災証明書の発行を7月中に始める方針で、17日はその準備としてドローン2機を活用し、被災した家屋5軒ほどを調査したということです。

This article is a sponsored article by
''.