東京オリンピック開幕まであと4日です。浜松市の小学校では、ブラジルのオリンピック選手団との交流会が行われました。
画像: ブラジルの柔道選手とオンライン交流 「ご飯はどれくらい食べますか?」 東京オリンピック開幕まで4日 浜松市の小学校 youtu.be

ブラジルの柔道選手とオンライン交流 「ご飯はどれくらい食べますか?」 東京オリンピック開幕まで4日 浜松市の小学校

youtu.be

鈴木誠記者:「いよいよ今週から始まるオリンピック。子どもたちもオリンピックを楽しみしているようです。(子どもたちイエーイ)」

 浜松市はブラジル・オリンピック選手団のホストタウンとして、事前合宿を行った柔道の選手らおよそ70人を受け入れています。19日午後、市内の小学校ではブラジルの柔道選手2人と小学生16人がオンラインを通じて交流を行いました。

選手に質問
「オリンピックに出るとわかった時はどんな気分でしたか?」

 ポルトガル語に通訳してもらいながら、オリンピック選手たちの生の声を聞いていきます。また、子どもたちからはこんな素朴な質問も。

選手に質問
「いつものご飯はどれくらい食べていますか?」

 交流は20分ほどでしたが、子どもたちにはとても貴重な体験となったようです。

男子小学生感想
「ブラジルの選手団と話せてうれしかったです。いろんな国の選手たちに頑張れって思いながら見たいです」

2人の女子小学生感想
「最初はブラジルの選手の事をそんなに知らなかったけど、質問しているとブラジルの選手のことがよくわかった。日本の選手とはまた違う事だと思うので、こういう機会に知れてよかった」

 子どもたちは選手にエールを送りました。
 「ボア・ソルチ!(がんばれ)」

This article is a sponsored article by
''.