浜松球場の第一試合は第3シードの浜松工業と東海大静岡翔洋の対戦です。
画像: 【高校野球静岡大会】浜松工-東海大静岡翔洋 第3シード・浜工が先制も…

 浜工は5回、ヒットとフォアボールからチャンスを作ると、守備が乱れる間に2点を先制。さらに9番・太田選手の犠牲フライで追加点を奪います。

 翔洋はその裏、ノーアウト1塁3塁の場面で7番・寺越選手のダブルプレーの間に1点を返すと、ここから連打で2アウト3塁1塁と再びチャンスを作ります。ここで1番・森選手がライトの頭上を超える走者一掃のタイムリー。すぐさま同点に追いつきます。

 翔洋は6回からエース鈴木選手が登板。8回には気迫のこもったピッチングで、3者連続空振り三振を奪い、チームを勢いに乗せます。するとそのウラ、1アウト2塁のチャンスで2番・小中選手がレフト線を破る勝ち越しタイムリー。

 翔洋はエース鈴木選手が9回も浜工打線を3人で打ち取り、シード校を破って準々決勝へ駒を進めました。

【結果】浜松工3-5翔洋

東海大静岡翔洋 鈴木豪太投手:「3対3と追いついた場面から登板したわけで、しっかり自分の中で落ち着いて流れを確実に持ってこようという気持ちで投げて、それが結果的につながってチームが逆転してくれたのでよかったです」

This article is a sponsored article by
''.