草薙球場の第1試合、第1シード・藤枝明誠が知徳を迎え撃ちました。
画像: 【高校野球静岡大会】藤枝明誠-知徳 第1シード明誠が先制許すも…

 藤枝明誠のエース・小林くんは1回、ファアボールと盗塁などで2アウト3塁とされると、打席には知徳の4番・渡辺くん。レフトオーバーのツーベースで先制を許します。

 1点を追う藤枝明誠はその直後、1アウト満塁のチャンスに5番西岡くんの犠牲フライで同点に追いつくと、さらに6番中野くんがタイムリー。すぐさま逆転します。

 リードをもらった小林は2回、ギアを1段上げます。

実況
「変化球で3者連続三振!」

 そして明誠は6点差の7回、ノーアウト満塁の場面で3番青木くんがレフト前に運び7回コールド。第1シードの藤枝明誠がベスト8に進出しました。

 【結果】知徳 2-9 藤枝明誠(7回コールド)

藤枝明誠(3年) 小林輝投手:「夏、絶対に勝つという気持ちがあるので、やはり自分はどんな状態でも投げ切る、チームを勝たせるというのが自分の仕事なので、そこは何も考えずにやっていきたいと思っています」

This article is a sponsored article by
''.