高校野球は22日、4回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろいました。春のセンバツに出場した三島南は、同じく東部勢の富士市立との対戦です。
画像: 【高校野球静岡大会】富士市立-三島南  センバツ出場の三島南、5回までに6点リードも

 シード校の三島南、5回まで6ー0と大量リードします。富士市立は7回、5本のヒットを集めて1点差に詰め寄ると、なおも2アウト3塁1塁で2年生の太田くんのライトへのタイムリーで6点差を追いつきます。

 さらに富士市立は9回、ノーアウト満塁で再び太田くん。3ボール1ストライクから押し出しのフォアボール、これが決勝点で、富士市立が6点差を逆転勝ち。三島南は春夏連続の甲子園の夢が絶たれました。

  【結果】富士市立 9-6 三島南

This article is a sponsored article by
''.