草薙球場の第2試合は、第4シードの静岡高校と浜松市立がベスト8をかけて戦いました。
画像: 【高校野球静岡大会】浜松市立-静岡 2年生の吉田投手、圧巻の147キロ

 3回に1点を先制した静高は、さらにノーアウト3塁として2番・金子くん。センター前に運び、2点をリードします。

 その後、1点差に迫られた静高は7回、先頭バッターの渋谷くんがこの試合3本目のヒットで出塁すると、1アウト2塁として、3番座馬くんがライトオーバーのタイムリーツーベース。さらに1点を追加した静高はなおも1アウト満塁とチャンスを広げます。ここで7番山本くんの犠牲フライで、浜松市立を突き放します。

 そして7回途中からマウンドに立ったのは静高2番手、2年生の吉田くん。8回には圧巻の147キロで空振り三振。第4シードの静高が浜松市立を振り切り、ベスト8進出です。

【結果】浜松市立 1-5 静岡

147キロをマークした静岡高校 吉田雄飛投手(2年):「この試合はエースの高須さん抜きで、ということを目標にしていたので、それが結果にも表れて良かった。(147キロが出た)あの場面は、三振を取りに行ったので、自分の中でもベストボールを投げようと力を入れてた結果が、147キロだったと思う。(準々決勝は)自分は投げるか分からないが、投げないときはしっかりベンチで出ている選手に声をかけたいのと、もし自分が投げるとなったら、しっかり準備していいピッチングできるようにしたい」

This article is a sponsored article by
''.