高校野球静岡大会、愛鷹球場の第1試合はシード校を破って勝ち上がった島田商業と去年の静岡県独自の大会の優勝校・聖隷クリストファーの対戦です。
画像: 【高校野球静岡大会】島田商-聖隷クリストファー 去年の独自大会優勝の聖隷、6回まで島商を1安打に抑えるも

 島商の先発は3試合連続完投中の新木くん。4回、1アウト1塁とされ聖隷の6番・藤崎くん。打ち取った当たりでしたが、ショートが処理できず、連携も乱れて先制を許すと、さらに内野ゴロの間に1点を失います。

 対する聖隷の先発・柴田くんは打たせて取るピッチングで、6回まで島商打線を1安打に抑えます。

 柴田くんは7回、初めての長打を許し、島商に1アウト3塁2塁の場面を作られると、8番・新木くんの内野ゴロの間に1点を返されます。さらにピンチが続き、1番・杉崎くん左中間を抜ける2塁打。この回さらに1点を許します。

 2点を追いかける聖隷は9回、連打で1アウト1塁2塁のチャンスを作ると、8番・肥田くんのセンター前ヒットで1点差。しかし、後続が併殺打に倒れ、ゲームセット。

 島商・新木くんが4試合連続完投で準々決勝進出を果たしました。

 【結果】 島田商 4-3 聖隷クリストファー

This article is a sponsored article by
''.