大規模な土石流が発生した静岡県熱海市の斉藤栄市長は、台風8号の接近に伴い26日にも伊豆山地区に避難指示を出す方針を示しました。
画像: 台風接近の中、捜索活動続く…被災地には26日にも「避難指示」 死者21人行方不明6人 静岡・熱海市の土石流災害 /26日午前 youtu.be

台風接近の中、捜索活動続く…被災地には26日にも「避難指示」 死者21人行方不明6人 静岡・熱海市の土石流災害 /26日午前

youtu.be

山内陽平記者:「このあたりは泥のにおいが強くなっています。行方不明者の捜索は続けられていて、シャベルなどを使って泥の撤去作業が行われています」

 26日朝も熱海市の現場では、重機を使った土砂の撤去と行方不明者の捜索が始まりました。25日、市は新たに死者2人の身元を確認し、いずれも熱海市伊豆山の太田佐江子さん(93)と瀬下陽子さん(77)と発表しました。土石流による死者は21人で、現在も6人の行方がわかっていません。

 一方、26日から熱海市では罹災(りさい)証明の申請受付が始まりました。土石流被害を受けた全ての住宅が対象で、来月10日までの午前9時から午後4時までの間、熱海市総合福祉センターで手続きができます。

台風接近

 また、25日夜の会見で、熱海市の斉藤栄市長は台風8号の接近に伴う今後の雨に備えて、伊豆山の住民に26日にも避難指示を出す方針を明らかにしました。

 避難指示を出す範囲や世帯は検討中としていて、気象庁が発表する警報とは関係なく、26日中に住民を安全な場所に避難させる方針だということです。

 台風8号は時速30キロで北上していて、関東や東北に上陸の恐れがあり、熱海市でも
27日から激しい雨が降る恐れがあります。

 現在、熱海市に発表されている警報・注意報はありませんが、今後の気象情報に十分注意してください。

This article is a sponsored article by
''.