東京オリンピック女子体操の予選が行われ、種目別平均台に出場した静岡県富士市出身の芦川うらら選手は、惜しくも決勝進出を逃しました。
画像: 芦川うらら選手

芦川うらら選手

 芦川選手は、演技中盤、平均台から目線を外す交差輪とびで、わずかにふらつきましたが、持ち味の安定感でカバー。初の五輪出場とは思えない落ち着いた演技を披露しました。

 高難度のおり技3回ひねりも決めましたが、得点は13.900と目標にしていた14点台にわずかに届きませんでした。

 種目別決勝には上位8人が進みますが、芦川選手は12位で惜しくも決勝進出を逃しました。

This article is a sponsored article by
''.