大規模な土石流が発生した静岡県熱海市は、台風8号の接近に伴い被害があった伊豆山地区に独自の避難指示を発令しました。26日中の避難を呼びかけています。
画像: 台風接近で被災地に独自の「避難指示」 避難した住民「盛り土が残っているので、不安」 静岡・熱海市の土石流災害 /26日午後5時 youtu.be

台風接近で被災地に独自の「避難指示」 避難した住民「盛り土が残っているので、不安」 静岡・熱海市の土石流災害 /26日午後5時

youtu.be

山内陽平記者:「このあたりは泥のにおいが強くなっています。行方不明者の捜索は続けられていて、シャベルなどを使って泥の撤去作業が行われています」

 捜索活動は26日も総勢900人で行われました。きのう25日は2人の遺体の身元が判明し、熱海市伊豆山の太田佐江子さん(93)と瀬下陽子さん(77)と発表されました。

太田さんをよく知る人:「やっと姿を表してくれてほっとした。ただ、まだ息子さんが見つかっていないので、息子さんも早く見つかってほしい」

 土石流による死者は21人で、現在も6人の行方がわかっていません。

台風接近…被災地に避難呼び掛け

 捜索活動が続くなか、26日午後1時、熱海市は台風8号の接近に伴い、独自の「避難指示」を発令しました。対象は土石流で大きな被害を受けた熱海市伊豆山の岸谷地区、仲道地区、浜地区です。

 それぞれの避難先は岸谷地区が熱海リフレッシュセンター、仲道地区はハートピア熱海、浜地区は大江戸温泉ホテル水葉亭とホテルニューさがみやとなっています。

 台風8号は時速35キロで北上していて、関東や東北に上陸の恐れがあり、熱海市でも
あすから激しい雨が降る恐れがあります。市は明るいうちに避難してほしいとして、対象地区の住民らにきょう26日中の避難を呼びかけています。

町内会長「これでまた災害が発生すると大変」

 住民らは台風への備えや避難準備に追われました。

避難した住民:「どうなるかわからないので避難しました。早めに。盛り土が残っていると思うので、それが再度流れたりしたら。不安です」

浜地区町内会 千葉誠一会長:「3週間たって復旧が進むにつれて、少しでも前へ前へと思っていますから、これでまた元に戻るような災害が発生すると大変なこと」

 市内のダイビングスクールも営業休止を決めました。

熱海マリンスポーツクラブ 大久保衛代表:「台風が来ると機材を全部片づけなくてはいけない。片づける場所がないから、家に倉庫があるので、持っていけないんですよ。それでどうしようかなと。困っちゃうなと」

 現在、気象庁から熱海市に発表されている警報・注意報はありませんが、今後の気象情報に十分注意してください。

 また、県は現在、熱海市伊豆山で通行止めとなっている国道135号について、台風8号の影響を受けなければ、29日午後3時に規制を解除すると発表しました。解除されれば、現在、無料で開放している熱海ビーチラインは30日から通常通りの営業を再開するということです。

This article is a sponsored article by
''.