高校野球静岡大会、26日の2試合目は、第2シードの掛川西とノーシード東海大静岡翔洋の一戦。掛川西は左右の2枚看板で決勝進出を目指します。

画像: 【高校野球静岡大会】左右の2枚看板・掛川西とノーシード東海大静岡翔洋が対戦 決勝戦に進んだのは…

 高校野球静岡大会、26日の2試合目は、第2シードの掛川西とノーシード東海大静岡翔洋の一戦。掛川西は左右の2枚看板で決勝進出を目指します。  掛川西の先発は背番号1を背負う右の榊原。

【1回】
 榊原は1回、2アウトからランナーを2塁に背負うとバッターは翔洋の4番・石上の2塁打で先制点を奪われます。榊原はこれが今大会初失点。3回にも1点を追加され、翔洋にリードを許します。

【3回】
 2点を追う掛西は3回、2アウト2塁・1塁とチャンスを広げて打席には3番・松浦。ここで走塁ミスがでて、チャンスを生かせません。

【6回表】
 掛西は5回から左のエース沢山がマウンドに。3イニングをヒット1本無失点に抑え、味方の反撃を待ちます。

【7回】
 すると掛西は7回、2アウト3塁・1塁とチャンスを作り、ピッチャーの沢山が打席に入りますが、三振。得点できません。

【9回】
 2点差で迎えた9回。掛西は1アウト1塁で、打席には背番号1・エースの榊原。しかし、空振り三振でチャンスを広げられません。続く6番・河原崎もセカンドゴロに倒れた掛西。ともに成長した2枚看板の挑戦は準決勝で幕を閉じました。

【結果】 東海大静岡翔洋 2-0 掛川西

掛川西 榊原遼太郎投手:「沢山にも申し訳ないんですけど、チーム全体にも申し訳ない思いでいっぱいです。チームを勝たせられなかったという思いで、少し涙が出てしまいました」

掛川西 沢山優介投手:「(榊原選手は)自分の野球人生にとって欠かせない存在だと思うし、これからの野球人生の中でも必要な存在になってくると思うので、感謝しかないです」

This article is a sponsored article by
''.